顔のスキンケアは開き毛穴をよく知ろう!

顔の産毛の処理を考える前に、スキンケアも一緒にすることが大切です。

誰でも美しい素肌は大きな憧れといえるでしょう。

顔の肌の悩みといえば、乾燥・シワ・荒れなどですが、忘れてはいけないのが毛穴です。

黒ずみの元ともなるのが、毛穴の開きです。

顔の毛穴を隠したい

赤ちゃんのような素肌は、遠くから見ても透き通るようで美しく、触りたくなるようなもちもち肌ですよね。開き毛穴は、根本的に改善できないものなのでしょうか???

赤ちゃんのような素肌は、遠くから見ても透き通るようで美しく、触りたくなるようなもちもち肌ですよね。

ベースメイクで開いた毛穴を隠す方は、無意識に顔の産毛や肌のくすみを目立たないようにしています。

厚塗りメイクは肌への大きな負担となり、肌トラブルの原因となります。

夏場などはどうしてもメイクの崩れが気になり、何となく外出が落ち着かないことがありませんか…

鏡を見ながら消そうとしている開き毛穴は、根本的に改善できないものなのでしょうか???

顔の部位別”毛穴の開き”の原因とは?

気になりやすい顔の開き毛穴は、皮脂腺が関係しています。

皮脂腺とは皮膚の内部にある皮脂を分泌する小さな腺で、産毛の下にある顔の皮脂腺は、身体に比べて発達しています。

それが大きくなってくると開き毛穴の原因になります。

顔の産毛はその他の体毛に比べて細いので、産毛の周りが開きやすく”毛穴”として目立つのです。

夏の暑い時期などに、顔が皮脂でテカりやすくなりますよね?

その原因は”顔の皮脂腺が発達している”ということなのです。

頬の毛穴の開き

頬に見られる”しずくのような形の毛穴”は、主に加齢によって引き起こされるものです。

中高年の頬に見られる”しずくのような形の毛穴”は、主に加齢によって引き起こされるものです。

これは「たるみ毛穴」と呼ばれ、加齢によるコラーゲンの減少や、肌のハリや弾力が失われることが主な原因です。

何も対策ぜずに放置しておくと、顔全体のシワやシミになっていくことが予想されます。

鼻の毛穴の開き

鼻によくみられるのは、角栓による毛穴の詰まりです。

皮脂と古い角質が混ざり合ったものが角栓です。

鼻によくみられるのは、その角栓による毛穴の詰まりです。

そした、詰まった角栓により毛穴が広がることにつながります。

おでこの毛穴の開き

おでこの毛穴の開きは、すべて保湿不足が原因といえませんが、皮脂を過剰分泌するテカリと関係しています。

テカリが気になるおでこは、保湿が不足して肌の水分量が減ることが原因です。

水分が足りなく肌が乾燥しているので、たくさんの皮脂で補おうとして結果的にテカリにつながります。

おでこの毛穴の開きは、すべて保湿不足が原因といえませんが、皮脂を過剰分泌するテカリと関係しています。

肌タイプ別”毛穴の開き”の原因とは?

自分の肌をよく知る方は、肌の状況で開き毛穴の原因がつかめます。

心当たりがないか、肌の状況別にまとめてみました。

オイリー肌

顔の皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺から排出されます。

オイリー肌の人は、肌が乾燥しやすいことや遺伝的に皮脂腺が大きいことが考えられます。

皮脂と聞くと「ベタつく」「汚い」など、どこかネガティブなイメージを抱きがちです。

でも、皮脂は肌の潤いを保つために重要な役割を担っています。

皮脂は適量であるとよいのですが、これが過剰だとテカリや毛穴の開きの原因となります。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、毛穴をぐっと押し広げてしまうのです。

ニキビ肌

炎症しているニキビをつぶしてしまうと、炎症部分がクレーター状になって毛穴が目立ちます。

この部分に汚れや皮脂が溜まりやすくなり、毛穴がより目立ってしまいます。

ニキビ発症の原因はさまざまですが、できてしまったニキビをつぶしたりすると、確実に開き毛穴の原因となります。

乾燥肌

皮膚の死んだ細胞が積み重なったものを角質層といいます。

顔の肌水分が不足しがちな乾燥肌は、角質層が厚くなります。

その結果、肌表面がゴワゴワして硬くなり、肌の潤いを保つバリア機能が低下するため、肌のキメが乱れてしまいます。

そして、毛穴が目立つということになってしまうのです。

敏感肌

季節の変わり目などでホルモンバランスが崩れてしまうと、肌は敏感になります。

不規則な生活やストレスも原因と考えられてます。

肌が敏感になると抵抗力が低下し、ニキビや乾燥などのさまざまな症状を引き起こすことになります。

それが毛穴の開きの原因となります。

お悩み解消!開き毛穴の対策法

開き毛穴を予防、解消するには、毎日のスキンケアと生活習慣がかかわってきます。

では、開き毛穴を予防、解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

毎日のスキンケアと生活習慣がかかわってきます。

季節や体調の変化も関係するので、長い目で実践していき、効果を確かめることが重要です。

正しいクレンジングと洗顔

先述の通り、”毛穴の開き”の原因となるのは「たるみ毛穴」と「毛穴の詰まり」です。

原因の大半は毛穴の詰まりによるものです。

これを予防・解消するためのケアをきちんと行えば、毛穴の開きの悩みはほとんど解消されるでしょう。

クレンジングと洗顔は毛穴ケアの基本です。

皮膚を刺激しないことを意識して、ゴシゴシと強くこすらず、丁寧に汚れを落とします。

浮き出した汚れは、ぬるま湯で優しく洗い流すのがポイントです。

スチーム効果で肌が柔らかくなり、毛穴の汚れが落ちやすくなるので、洗顔前にホットタオルで肌を温めておくのがおすすめです。

顔の肌の保湿

クレンジング・洗顔後の肌は、何も染みこんでおらず、また毛穴も開いているため、完全に無防備な状態です。

クレンジング・洗顔後には、必ず化粧水を使って開いた毛穴を引き締めましょう。

化粧水を顔全体にしっかりと浸透させることが大切です。

保湿ケアは化粧水だけでは不十分ですので、そのほかの保湿化粧品も重ねて使用しましょう。

保湿ケアの基本的な流れは以下の通りです。

化粧水→美容液→乳液→クリーム

乳液やクリームなどの保湿化粧品を塗るときには、顔の中心から外側へ伸ばしていきます。

このときも、肌を刺激しないように優しく染みこませることを意識しましょう。

生活習慣を見直す

睡眠不足やダイエット、暴飲暴食、喫煙などは、ホルモンバランスに大きな影響を与えてしまいます。
ホルモンバランスが崩れると肌の状態が不安定に。

睡眠不足やダイエット、暴飲暴食、喫煙などは、ホルモンバランスに大きな影響を与えてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、肌の状態が不安定になります。

乱れた生活習慣は肌環境を悪化させ、「たるみ毛穴」を招いてしまいますから、自身の生活習慣をぜひとも見直してみましょう。

「栄養バランスのよい食事」「ストレス発散」「適度な運動」これらが健康な肌へのカギとなります。

開き毛穴の対策は意外とシンプル

これまで「開いた毛穴を化粧で隠してきた」という方が多いと思います。

本当は根本的に肌改善して、化粧でごまかさず美しい素肌を目指したいものです。

毛穴はいわば「くぼみ」です。

それが開いて”開き毛穴”になっていれば、汚れが溜まりやすいというのは当然です。

肌は柔軟なものですから収縮し、一緒に毛穴も収縮するのです。

開き毛穴の対策は至ってシンプルで、この2つを意識しながら、日々のスキンケアに努めましょう。

  • 毛穴に汚れを溜め込まない
  • 毛穴を開きっぱなしにしない

毎日の欠かさない肌のお手入れと、日常生活の見直しで開き毛穴は対策できるはずです。

タイトルとURLをコピーしました