顔の産毛の正しい剃り方&ケア方法!肌荒れせずツルツルに♪

顔の産毛って、多くの薄い女性には関心がないかもしれませんが、私たちのような顔の産毛が濃い人の場合、本当に色々な場所から生えてくるものです。

  • 鼻の下
  • 顔の横(もみあげ)
  • あご

などなど…。

 

しかも生え方も人それぞれで、

  • 産毛が濃く・太い人もいれば
  • 産毛がフサフサで長い人
  • 顔の産毛を剃っても黒ずみが残って目立つ人
  • 中には一本だけ長い人

などなど、色々な方がいて…(どうして私だけ…)と悩んでいます。

目次

顔の産毛は、剃ったほうがいい?そのままでもいい?

そんな顔の産毛ですが、本当に剃ったほうが良いんでしょうか?
もしかして顔の産毛の濃さは、人からは分かりにくいものだったりして…?

――と思いたいですが、顔の産毛って実は結構他人から見ると目立っています。
毎日見慣れている自分だと気が付かなくても、他人が見ると「あれ?○○さん顔の毛がちょっと濃いような…」と思われていることもしばしば。

 

特に顔の産毛って、光の角度によっては絶妙なフサフサ具合を演出してくれたりもします(;’∀’)
でも自分で鏡を見るときは”自分の顔がしっかりと映るように鏡をむける”わけですから、顔の産毛には意外と気が付かなかったりもします。

なので、一度でも顔の産毛が気になったり指摘されたことがある場合は、顔の産毛は剃るべきなのかもしれません。

顔の産毛を剃ると印象が変わるというメリットも

実は、青の産毛が濃い人が顔の産毛を剃ると、

  • 顔全体にかかっていた”くすみ”のようなものがとれる
  • 顔の色が明るくなる
  • 化粧品やファンデのノリが良くなる

といった「顔が何となく好印象になる」というメリットがあります。

もし何となくお化粧のノリが悪かったり、やぼったく見える場合は、顔の産毛を剃ると良いことがあるかもしれませんね!

※ただし、顔そりのデメリットは勿論ある

http://urx.red/HlbM

これから顔の産毛の剃り方をご紹介しますが、産毛を剃る以上は

  • 産毛が濃くなる・太くなる
  • 顔の毛穴が開いて、毛穴が黒ずんで黒いポツポツが目立つようになってしまう
  • 顔の産毛が生えてきたときに、ザラザラしたりチクチクする
  • 顔を遠くから見ると、色素沈着して青ヒゲのように見える
  • 肌への負担が強く、ニキビができやすくなる

というデメリットは、どうしても避けられないものがあります。

 

これが週に1回程度顔の産毛を処理される方だとまだ良いのですが、顔の産毛が人より濃い方だと、剃れば剃るほど処理の回数が増えて、毎日剃り続けないと外に出られない…なんていうことになる方も多いです。

いわば、顔そりは応急処置的な面が強いです。

  • 顔の産毛が濃くならない
  • 毛穴の黒いポツポツも改善する
  • ファンデのノリも良くなる

という処理方法を以下の記事でご紹介しているので、よければ読んでみて下さい。

顔の産毛が濃くならない処理方法を見にいく⇒

 

顔の産毛は、普通の髭剃りで剃っていい?

(ここから先は、いよいよ”産毛の剃り方”についてご紹介します)

ドラッグストアなどで、男性用のひげ剃りグッズのコーナーを見ると、本当に種類がたくさんありますよね。
3枚刃や5枚刃のカミソリや、深剃りができる電気シェーバーなど、毛をしっかり除去できそうなものばかりです。

 

一方で、女性の顔の産毛剃りのグッズはあまり種類が多くありません
そのため「顔の産毛を剃るのにちょっと男性用のひげ剃りをを使ってみたい」と思っている女性の方も多いと思います。

実は、男性用のカミソリを使ってる方が多い。その理由は…

一緒に暮らしている旦那さんやパートナー、お父さんなどの髭剃りが置いてあるのを見て、ちょっと試しに借りて使ってみたことがあるという女性は意外に多くいます。
一度使ってみると、多くの女性たちがその性能の高さに驚かされます。

男性用のカミソリは太い毛を剃るために作られているので、女性用のカミソリよりも断然切れ味が優れているんです
電気シェーバーも、男性用は根元からしっかり剃ることができます。

 

中には、はじめは家族のものを内緒で借りていても、いつの間にか男性用のひげ剃りの使い心地にはまってしまい、自分用に購入する女性もいます。
しかし、女性が顔の産毛を剃る時に男性用のひげ剃りを使うのは、ちょっと注意が必要なんです

でも、男性用のカミソリを使っていいのは”産毛が薄い人”だけ

そもそも女性の皮膚は男性よりも薄くて柔らかく、皮膚の分泌量も少ないなど、肌の構造が全く違います。
ですから、女性の顔の産毛ケアを、男性のひげ剃りと同じようにすることはできないんです。

男性は毎日髭剃りをしてもカミソリ負けをすることはあまりありませんが、女性が毎日顔の産毛を剃ったら間違いなく肌が荒れるでしょう。
女性が男性用のカミソリで顔の産毛を剃る頻度は、せいぜい月に1回程度が望ましく、それ以上剃ると肌へのダメージが大きくなってしまいます。

肌を考えると、女性の顔の産毛処理には、男性用の電気シェーバーもおすすめ!

もし、顔の産毛処理に男性用のひげ剃りを使ってみたいなら、カミソリではなく電気シェーバーを使いましょう。
電気シェーバーは刃が直接肌に当たりにくい構造になっているので、女性が顔の産毛処理に使っても比較的ダメージが少ないんです

実は、脱毛サロンでは、シェービングの際に男性用の電気シェーバーを使っているところもあり、普段の自己処理にも電気シェーバーを使用するよう勧めていたりもするんです。
男性用の電気シェーバーは見た目がごついので、いかにもひげを剃っているっていう感じがして、ちょっと人前では使いにくいかもしれません。

 

でも、女性用のシェーバーと比べると格段に性能が良いので、一度使ったらはまってしまう方が多いと思います。
ただし、肌に負担が少ない電気シェーバーも、間違った使い方をすると肌を傷つける恐れがあるので、正しい使い方をマスターしましょう。

もちろん女性用のシェーバーでもカミソリよりは100倍良いので、(男性用のシェーバーはちょっと…)という場合には、女性用のシェーバーでも全然OKです!

⇒おすすめのシェーバーを紹介した記事はこちら

電気シェーバーを使った、肌を傷つけない顔の産毛の剃り方

それではこれから、出来るだけ肌を傷つけないシェーバーの使い方をご紹介します。

①逆剃りはダメ!

逆剃りとは毛の流れに逆らって剃ることで、肌を傷つけやすいんです
顔の産毛の剃り方は、電気シェーバーを毛の流れに沿って滑らせ、もし剃り残した部分があったら1回だけ仕上げに逆剃りをするというのが理想的です。

②肌に電気シェーバーを押し付けない

深剃りをしようとしてヘッドを強く押し付けると、肌の表面に傷がついてしまいます。
ヘッドの部分はあくまで軽く肌に触れる程度にしましょう

③ニキビや肌荒れがある時には使用を避ける

ニキビや湿疹がある部分に電気シェーバーを使うと、摩擦によって炎症を起こしやすくなります。
電気シェーバーで顔の産毛を剃る時はニキビや肌荒れが少なく、肌のコンデイションが良い時にしましょう。

④ウェット剃りができる電気シェーバーを使う

電気シェーバーは、シェービングクリームなどを使わないドライ剃りが基本です。
しかし女性の顔の産毛をドライ剃りすると、肌の摩擦が大きくなるため荒れる可能性があります。
女性の場合はシェービングクリームを塗って、肌を保護しながら顔の産毛を剃った方が荒れるリスクを減らすことができます

⑤切れ味が悪くなったら早めに刃を交換する

メーカーにもよりますが、電気シェーバーの刃は1~2年に1回のペースで交換する必要があります。
しかし使用後の手入れの仕方が悪いと、それよりも早く刃が劣化し、切れ味が悪くなってしまいます

切れにくくなった刃を無理やり使っていると、肌にひっかかって傷をつけやすくなるんです。

ちなみに…カミソリが顔の産毛の処理に向かない理由

女性が顔の産毛を剃るのにカミソリを使うのは、正直なところあまりおススメできません。
カミソリはどうしても肌への負担が大きく、さまざまなトラブルを起こす可能性があるからです

①カミソリで顔の産毛を剃ると肌がヒリヒリしてしまう  

顔の産毛を剃るカミソリは、T字型のタイプがほとんどですよね。
T字型のカミソリは、そもそも平らな部分の毛を剃るのに向いている商品なので、凹凸が多い顔には不向きなんです

カミソリの刃が肌に密着しやすくする首振りヘッドのカミソリもありますが、顔の細かい部分の産毛を剃るのはあまり得意ではありません。
顔の産毛が完全に剃れないと、ついつい無理やり肌に押し付けて剃ろうとしちゃいますよね。

 

そうなると、知らず知らずのうちに肌の表面に見えない傷がつき、顔の産毛を剃った後に肌がヒリヒリしてしまうというわけなんです。

②顔の産毛を剃った後に痒くなりやすい

基本的にカミソリは、シェーバーよりもしっかりと産毛を剃れます。
ただし、産毛をしっかり剃れる代わりに角質も同時に削ってしまうんです。

角質を削り過ぎると肌のバリア機能が下がり、外部刺激を受けやすくなります。
すると、顔の産毛を剃った部分にちょっと髪の毛が触れただけでもかゆいと感じてしまうことがあるんです。

 

そのかゆみを我慢できずにかきむしってしまうと、肌に傷が出来てそこからさらに炎症がひどくなってしまう可能性もあります。

顔にできたニキビについて質問です。

前に顔の産毛を剃った後にパックをしたところ、画像のように炎症を起こしてニキビになってしまいました… ※見苦しくてすみませんTT

http://ur0.link/Hrry

③カミソリで顔の産毛を剃るとニキビが出来やすくなる

顔の産毛を剃る時に角質を削り過ぎると、角質層から水分が蒸発しやすくなり乾燥肌が進行します
乾燥肌になると、肌を保護するために皮脂の分泌が過剰になり、皮脂が毛穴に詰まってニキビが出来やすくなるんです。

それでもカミソリを使いたい人向け:出来るだけカミソリ負けしない顔の産毛を剃り方

シェーバーだと顔の産毛が完璧に無くなるまで剃れないため、ポツポツと黒く残ることがありますよね。
そのため「もっとツルツルになるためにカミソリを使いたい!」と思う方も多いことでしょう。

どうしてもカミソリを使いたい方は、顔の産毛処理をする前に以下のようなスキンケアをしておくと、肌へのダメージを減らすことができます。
(こんなの、当たり前でしょ!)と思われるかもしれませんが、今一度見直してみてくださいね^^

⇒ちなみに、おすすめのカミソリはこちら

①顔の産毛を処理する前に顔を洗って清潔にする

顔の産毛にメイクや皮脂、ほこりなどがついていると、うまく剃れないことが多く剃り残しができやすくなります。
まずはきちんと洗顔をして肌を清潔にすることが、安全な顔の産毛の剃り方の基本です。

②蒸しタオルなどで顔を温めて産毛と皮膚を柔らかくする

顔の産毛を剃る時に肌が乾燥していると、角質が剥がれやすくダメージが大きくなります。
蒸しタオルなどで温めると、皮膚が柔らかくなり、カミソリの刃が当たっても傷つきにくくなるんです

温めることで毛穴も開き、産毛が立ちやすくなり、剃り残るのを防ぐこともできます。

③シェービングクリームは女性用のものを使う

男性用のシェービングクリームは、皮脂が多い男性向けに作られているので、使用感が比較的さっぱりしています。
女性が顔の産毛を剃る時に男性用のクリームを使うと、肌が乾燥しやすくなるんです

もし女性用のシェービングクリームがなければ、普段使っている乳液や保湿クリームなどでも大丈夫です。

⇒おすすめのシェービングクリームの紹介記事はこちら

一番大事!顔の産毛を剃った後の保湿・ケア方法は?

顔の産毛をひげ剃りで剃った後は、いつも以上に保湿をしっかりしないといけません
ここで、顔の産毛を処理した後のスキンケアのポイントをご紹介しましょう。

①顔の産毛を剃った後はまず冷却ケアを!

顔の産毛を男性用のひげ剃りで処理すると、赤みや腫れ、かゆみといったカミソリ負けの症状がが起こりやすくなります。
まずは顔の産毛を剃った部分に冷たいタオルなどで冷やし、肌を鎮静化させてカミソリ負けを防ぎましょう

顔の産毛を剃った後にこのケアをするかしないかで、炎症の度合いがかなり変わります。

②顔の産毛を剃った後は敏感肌用の化粧水や保湿クリームを使う

顔の産毛の処理をしてから少なくとも2~3日の間は、いつも使っているスキンケア用品は一旦お休みしましょう。
「普段は自分の肌に合っている化粧品なのに、顔の産毛を剃った後に使ったらなんだかかゆい」といったトラブルが起きやすくなるんです。

顔の産毛を処理した後は、刺激が少ない敏感肌用の化粧水や保湿クリームを使うようにしましょう
肌の乾燥やヒリつきが気になる時は、化粧水を染み込ませたコットンパックがおススメです。

 

特に、顔の産毛を剃るとニキビが出来やすくなる方は、しっかり保湿をすることで皮脂の過剰分泌やニキビの発生を防ぐことができます

保湿は顔の産毛を剃る前にもするとさらに効果的!

保湿は顔の産毛を剃った後だけでなく、剃る前にも行えば、肌のダメージをさらに減らすことができます。
洗顔をした後に、化粧水や乳液をたっぷり塗ることによって、角質層の奥まで水分が染み渡り、肌の弾力がアップします。

肌に弾力が出ると、カミソリの刃の刺激を受けにくくなり、ダメージを減らすことができます
またカミソリの刃が肌に密着しやすくなるため、顔の産毛が残るのを防ぐこともできます。

 

順番を整理すると、化粧水⇒乳液⇒シェービングクリーム⇒顔の産毛を剃る⇒冷却⇒化粧水⇒乳液⇒保湿クリーム、といった流れでスキンケアを行うことになります。
ちなみに顔の産毛を剃る前に使う化粧水や乳液は、普段使っているもので大丈夫です。

保湿をしっかり行って顔の産毛がなくなれば、肌のキメが整いやすくなり透明感が生まれますよ。

 

…こんなに長い記事、最後まで読んでいただきありがとうございました!
お疲れ様でした(*^^*)


関連記事 | 1カ月以内に顔の産毛を薄くする方法

一か月以内に

  • 顔の産毛が薄くなる
  • 黒い毛穴もキュッとなって、白いむき卵のようになる
  • くすみ・青みが取れて、透き通るような透明感が出る
  • ファンデのノリが良くなって、スッーとなじむようになる

方法はこちらの記事をお読みください。

スポンサードリンク