アトピーは顔の産毛の処理をどうすれば?肌を傷つけない方法はこちら

アトピー性皮膚炎は一度発症してしまうと、良くなったり悪くなったりを繰り返すばかりで、完治するのがなかなか難しい皮膚病です。
それでも顔の産毛が濃い・太い・多い方は、こまめにお手入れをしてツルツルになりたいと思うのは当たり前ですよね。

とはいえ、顔はもともと皮膚が弱く非常にデリケートな部分ですから、普通肌の人でも産毛の処理の仕方を間違えると肌荒れを起こす危険性が高いです。
ですから肌が弱いアトピーの方が顔の産毛を処理すると、肌にさまざまな悪影響を与える可能性があるんです

 

そこでこの記事では、アトピーの方は顔の産毛をどうやって処理すればいいのかについてご紹介しますね!

※ちなみに:アトピーの薬をやめれば産毛は元に戻る?

アトピー肌の方の中には「病院からもらった薬を使っているうちに、だんだん産毛が濃くなってきた」という経験をしたことがある方も多いと思います。
アトピーのせいで自由に脱毛することもできないのに、治療することでむしろ産毛が濃くなってしまうなんて、なんだか理不尽な話ですよね。

しかし残念ながら、アトピーの治療に使われるステロイド剤には、産毛を濃くする副作用があるんです
ステロイドとは、両方の腎臓の上の部分にある副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。

 

免疫システムの働きを正常にしたり、炎症を抑える効果があるため、アトピーだけでなくさまざまな病気の治療に用いられています。
効果が高い代わりに副作用も強い薬なので、長期間使用し続けると皮膚に異常が出ることがあるのです。

産毛が濃くなるのもその一つで、特に皮膚が薄い顔の産毛は濃くなりやすい傾向があります。
万が一顔の産毛が濃くなったとしても、ステロイドの使用をやめれば元の状態に戻すことができます。

 

ただし、再びアトピーの症状がひどくなれば、やはりステロイドを使わざるを得なくなるので、産毛が濃いままということにもなりかねません。
それにアトピーを改善するのはとても難しいので、やっぱり日々の産毛のケアをしていきましょう。

アトピーの人は、顔の産毛を剃っていい?

顔の産毛を剃って処理する場合に使用する道具は、主にカミソリや電動シェーバーですよね。
このうち、肌にダメージを与える可能性が大きいのは、カミソリです。

カミソリの刃で顔の産毛を剃ると、健康な角質も一緒に削り落としてしまう可能性があるんです。

 

アトピーの方は、薬などの影響でただでさえ皮膚が薄くなっていますので、角質を削ってしまったら肌のバリア機能がさらに低下します。
すると、肌の赤みや腫れ、湿疹、かゆみといったアトピーならではの症状が悪化しやすくなるのです。

また、カミソリを使うと肌には目に見えない傷がたくさんついてしまいます。
そこから雑菌が侵入すると、炎症が長引いてどんどん悪循環に陥ってしまうんです。

アトピー肌の場合、電気シェーバーでも肌が荒れる!

一方、電気シェーバーであれば刃が直接肌に触れないので、カミソリに比べると肌へのダメージが少なく済みます。
ただし、アトピーの症状がひどい時に使うと、電気シェーバーの摩擦だけでもかゆみや赤みが出ることがあるんです。

電気シェーバーで顔の産毛を処理する際は、出来るだけアトピーの症状が治まっている時に行うようにしましょう。

自宅で使える脱毛グッズも、アトピー肌にとっては危険がいっぱい!

画像はAmazonより

ドラッグストアなどに行くと、顔の産毛に使える脱毛グッズがたくさん売っていて「敏感肌用」などと書いてあることもありますよね。
しかし、これらの脱毛グッズをアトピー肌の方が安易に使うのは大変危険な行為です。

例えば、貼って剥がすだけで毛が抜ける脱毛テープや脱毛ワックスなどは、強い力で毛根から毛を一気に抜き去ると同時に、健康な角質まで一緒に剥がしてしまいます。
毛抜きも、比較的手頃な値段で買えますが、肌を強く引っ張るので刺激が強いですし、抜いた後の毛穴に雑菌が侵入して炎症を起こしやすいので、アトピーの方にはおすすめできません。

 

ほかにも薬品で毛を溶かす除毛クリームも刺激の強い成分が入っているため、顔の産毛の処理には不向きです。
このように、顔の産毛を剃るにしても抜くにしても、アトピー肌の方が自己処理を行うのは、とても危険なことが多いのです。

それなら、クリニックで脱毛してもらうのはどう?

自己処理以外に顔の産毛の脱毛を行う場合、医療クリニックで行う医療レーザー脱毛や針脱毛(ニードル脱毛)、エステサロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)などがあります。
このうち、最も肌への負担が大きいのは針脱毛です。

針脱毛は、毛穴に針を刺し微弱な電流を流すことで、毛根や毛乳頭を破壊して毛の再生を食い止める脱毛方法です。
脱毛効果は非常に高いのですが、肌が赤く腫れ上がったり内出血を起こしたり、かゆみや湿疹などさまざまな副作用が起こる可能性があります

 

医療レーザー脱毛と光脱毛は、肌に強い光を当てることで毛根を刺激して、ムダ毛を減らしていく脱毛方法です。
どちらも成長期の毛にしか効果がないため、毛周期に合わせて複数回脱毛を行う必要があり、それだけ肌への負担が大きくなります

レーザー脱毛は光脱毛よりも高出力で高い脱毛効果が得られますが、火傷のように赤く腫れ上がったり、かゆみが出る可能性があります。
光脱毛は比較的肌に優しい脱毛方法ですが、肌トラブルが全くないわけではありませんし、1回あたりの脱毛効果が低いのでレーザー脱毛よりも回数を多く繰り返さなければいけません。

アトピーの人がどうしても永久脱毛したいなら医療レーザー脱毛!でも、もっとオススメなのは…

基本的に顔の産毛をアトピーの方が脱毛するのはあまりおすすめできませんが、どうしてもやりたいという場合は医療レーザー脱毛がおすすめです。
なぜなら医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも少ない回数でムダ毛を減らすことができるからです。

クリニックによって差はありますが、通常5〜6回の照射を行えば、ほとんどの毛を無くすことができると言われています。
また光脱毛は誰でも出来るのに対し、医療レーザー脱毛は医師か看護師しか行うことができないため、万が一肌にトラブルが起きた時もすぐに適切な処置をしてもらえます

 

ただし、アトピーの方はいつでも医療レーザー脱毛を行えるわけではありません。
通常は毛周期に合わせて脱毛を行いますが、アトピーの症状がひどくなっている時にはレーザーの照射を行うことができないんです。

ですから、クリニックに脱毛の予約を取っていても、当日の肌のコンディションが悪ければ先延ばしにしなければならないため、通常よりも脱毛が完了するまで時間がかかってしまう可能性が大きいです。

 

それにレーザー脱毛は回数が少なく効果がある分、肌への負担も大きいです。
術後に赤くはれてヒリヒリするのが中々戻らなかったり、跡が残ってしまうこともアトピーの方の場合、多いんです。

アトピーの産毛の処理で最も肌に優しいのは、産毛専用の抑毛クリーム

肌が弱いアトピーの方に最もおすすめなのは、産毛専用の抑毛クリームです。
抑毛クリームは腕や足の毛、男性のヒゲなどには正直言って効果はほとんど感じられないのですが、男女問わず”産毛”であれば、実は結構実感されている方が多いんですね。

 

例えば40万個以上売れて、今一番人気がある「noisu」という産毛専用の抑毛クリームは、

  • 無添加で肌に優しいのはもちろん、
  • 顔の産毛の抑毛を2人に1人が一か月以内に、9割の人が3カ月以内に効果を感じている
  • 黒くボツボツになった毛穴を、まるで白い陶器のような素肌にしてくれて、
  • 黒く、青く色素沈着した肌も、遠くから見ても白一色の透明感を持たせてくれて

という特徴もあります。

 

ちなみにnoisuは、今のシーズンだと無期限の全額返金保証キャンペーン中です。
脱毛をする前に、一度使ってみてはいかがでしょう?

noisuの詳細は、以下からどうぞ。

noisu<ノイス>


関連記事 | 1カ月以内に顔の産毛を薄くする方法

一か月以内に

  • 顔の産毛が薄くなる
  • 黒い毛穴もキュッとなって、白いむき卵のようになる
  • くすみ・青みが取れて、透き通るような透明感が出る
  • ファンデのノリが良くなって、スッーとなじむようになる

方法はこちらの記事をお読みください。

スポンサードリンク