顔の産毛が濃い原因はXXホルモン不足!増やす3つの方法はこちら

世の中には女性でも、

  • 鼻の下の産毛が濃く目立つ
  • 頬やもみあげの産毛が多い
  • あごの産毛が多くふさふさしている
  • 口周りの産毛で青く見える
  • いつも一本だけ長い産毛が生えている

という方が少なからずいます。

私も顔の産毛が濃いので、(どうして私だけ産毛が濃いのだろう…)といつも思っていました。

 

そこで調べてみたところ、生まれつき顔の産毛が濃い人は、両親からの遺伝が原因となっている可能性が高いらしいです。
しかし、もともとそれほど濃くなかったのに、以前より顔の産毛が濃くなったという場合には、ホルモンバランスの乱れが大きく影響している可能性があるのだとか

実は女性の体の中では、女性ホルモンだけでなく、わずかながら男性ホルモンも分泌されていて、顔の産毛に大きな影響を与えているんです

顔の産毛が濃いのは男性ホルモンが原因!

男性ホルモンは、ほとんどがテストステロンというホルモンで占められています。
テストステロンは、筋肉を増やし骨を太くしたり、顔の産毛や体毛を濃くするなど、男性らしくする作用があるホルモンです。

ですから男性の体内で男性ホルモンが増えれば、より男性らしい見た目や体つきになることができます。
一方で、男性ホルモンは女性の体にもある程度は必要なもので、筋肉を維持したり骨を丈夫にしたりするのに欠かすことができません。

 

しかし、女性の体内で男性ホルモンが必要以上に増えすぎると、女性なのにヒゲが濃くなるという男性化現象が起きてしまうんです

でも、どうして男性ホルモンが増えてしまったの?⇒こんな生活に注意!

女性の体内で男性ホルモンの分泌が増え過ぎるのは、さまざまな要因があります。

①ストレスが溜まり過ぎている

ストレスを感じると、脳の視床下部が異常を来たします。
すると、女性ホルモンを分泌するための指令をきちんと出すことができなくなり、顔の産毛を増やす男性ホルモンの割合が高くなってしまうんです

②睡眠不足

忙しいとつい削ってしまうのが、睡眠時間ですよね。
しかし女性ホルモンは、眠っている間に盛んに分泌されるので、睡眠が足りないと分泌量が減ってしまうんです

睡眠時間は足りていても、寝る時間が深夜だったり、睡眠の質が悪いと、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。
睡眠不足を続けていると、顔の産毛が男性のように黒い太い毛になってしまう可能性があります。

③偏った食生活

ファストフードや外食中心の食生活を送っていると、どうしても脂分や塩分、添加物が多く含まれているため、女性ホルモンの分泌を妨げてしまいます。
冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎも体を冷やすため、女性ホルモンを減らしてしまいます。

また、血糖値を急激に上昇させる食べ物も、女性ホルモンの分泌を邪魔してしまいます。
例えば、白いごはんやうどん、パンなど炭水化物が多い食べ物が代表的です。

 

女性ホルモンを減らす食生活を続けていると、顔の産毛を濃くする男性ホルモンを増やしてしまいます
他にも、亜鉛が多く含まれた牡蠣など男性ホルモンを増やす食べ物を過剰に摂取しすぎるのもよくありません。

④加齢

女性ホルモンの分泌量は、年齢とともに減ってしまいます。
一方で男性ホルモンは、歳をとってもあまり変化がありません。

つまり、歳をとるほど男性ホルモンの割合が高くなるため、人によっては顔の産毛が増えたり、男性のような黒い太いヒゲが生えてきたりして、男性化が進んでしまうんです。

⑤妊婦さんだから

『妊婦になったら急に顔の産毛が濃くなった』という経験をしたことがある女性も多いと思います。
妊娠をすると胎児を育てるために、女性の体の中ではホルモンのバランスがガラッと変わります

妊婦になってからどんな変化が起きるかは、人によってさまざまで、顔の産毛が急に濃くなる人もいれば薄くなる人もいますし、体毛に変化が現れる人もいます。
ただし、顔の産毛が濃い原因が妊娠だけであれば、産毛の変化はあくまでも一時的なものなので、出産をしてホルモンのバランスが正常になれば、産毛の濃さは元の状態に戻ります

⑥タバコを吸っているから

タバコを吸い始めたら、急に顔の産毛が濃くなったと感じる人も多いと思います。
タバコには、ニコチンやタールなどの有害物質がたくさん入っています。

これらの物質は体内に吸い込むと、なんと大切な女性ホルモンを壊してしまうんです
女性ホルモンが破壊されると、顔の産毛が濃い原因を作る男性ホルモンの働きが優勢になってしまいます。

 

またタバコを吸っていると、肌のタルミや乾燥が進行して、毛穴が開きやすくなります。
毛穴がぱっくり開けば、顔の産毛を剃っても黒いポツポツが目立ちやすくなり、むしろ顔の産毛が増えたように見えてしまう可能性もあります

それじゃ、女性ホルモンを増やす方法は?

加齢による女性ホルモンの減少は防ぐことはできませんが、まずは先程挙げた男性ホルモンを増やす行動をしないことが重要です。
ストレスを溜めずに上手に発散し、良質な睡眠をとり栄養バランスのとれた食生活を送ることによって、女性ホルモンの分泌量を正常化させることができます

そしてこの他にも、女性ホルモンを増やす方法は色々あります。

①大豆製品やナッツ類を積極的に食べる

大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするイソフラボンが豊富に含まれています
納豆や豆乳などの大豆製品を毎日欠かさず食べるようにすると、エストロゲンが不足している分を補ってくれます。

またナッツ類に含まれるビタミンEは卵巣や副腎に貯められて、女性ホルモンの分泌量をコントロールする働きがあります
血行を良くする作用もあるため、冷え性を改善して体が温まれば女性ホルモンのバランスはさらに整いやすくなります。

 

顔の産毛が濃い方は、バランスの良い食生活を心がけながら、積極的に大豆やナッツ類を食べて女性ホルモンを増やしましょう。
ただし、ニキビや体重増加には注意してくださいね!

②アロマの香りを嗅ぐ

アロマの香りには、癒しやリラックス効果だけでなく、ホルモンのバランスを整える効果があるんです
中でもおススメなのが、ローズやクラリセージ、ネロリやイランイラン、ゼラニウムなどです。

最近ストレスが溜まっていて、顔の産毛が濃くなってきたと感じる方は、精油をお風呂に垂らすなどして、アロマの香りを生活に取り入れてみましょう。

③恋愛をする

幸せな恋愛をすると、セロトニンというホルモンが分泌されます。
他にも快楽を感じるとドーパミン、愛情を感じるとオキシトシンというホルモンが分泌されます。

これらのホルモンが増えると、女性ホルモンの分泌も促進されるんです。
よく『恋愛をすると女性はきれいになる』といわれるのは、女性ホルモンが増えて肌ツヤが良くなるためです。

 

顔の産毛が濃い女性は、素敵な恋愛をして女性ホルモンを活性化させると、産毛を薄くする効果も期待できる可能性がありますよ。

もし一か月以内に産毛を薄くしたいなら…

以下の記事では、

  • 2人に1人が1カ月以内に、9割の人が3カ月以内に産毛が薄くなる
  • 肌を傷つけないので、黒いポツポツができたり、色素沈着で青ひげができない
  • 毛穴が開いてしまうことがない
  • 毛が濃くなって、昔は週一で良かったのに今は毎日処理しないと大変なことになる…ということが無い

という産毛の処理方法をご紹介しています。

ぜひ、読んでみてください(*^^*)

一か月以内に産毛が薄くなる処理方法を見にいく⇒


関連記事 | 1カ月以内に顔の産毛を薄くする方法

一か月以内に

  • 顔の産毛が薄くなる
  • 黒い毛穴もキュッとなって、白いむき卵のようになる
  • くすみ・青みが取れて、透き通るような透明感が出る
  • ファンデのノリが良くなって、スッーとなじむようになる

方法はこちらの記事をお読みください。

スポンサードリンク