顔の産毛はカットすると濃くなったりしない?⇒答えは…

顔の産毛にも色々な処理方法がありますが、剃ったり抜いたりするのは肌を傷つけてしまったり、皮膚が色素沈着して”剃った直後なのにくすんで見える”ということにもなりやすいです。
それなら、顔の産毛をハサミでカットして処理するのはどうでしょう?

特にハサミのカットは、

  • 顔の産毛が長い人
  • あごや鼻の下、頬やもみあげ、口周りから一本だけ長い産毛が生えている人

にとっては、もしかすると一番手軽かもしれませんよね。

 

でも本当に、顔の産毛をカットして良いのでしょうか?
何かデメリット…たとえは産毛が太くなったり濃くなったりはしないでしょうか?

この記事で、顔の産毛をカットすることについて触れてみたいと思います。

まず、顔の産毛を切るのと剃るの、何が違う?

それではまず、顔の産毛をハサミで切るのと、シェーバーやカミソリで剃る違いについて考えてみましょう!

 

顔の産毛をハサミで切るメリット

  • 肌へのダメージが少ない
  • シェービングクリームや除毛剤を使う必要がない

 

顔の産毛をハサミで切るデメリット

  • 失敗するとケガをする
  • 根元から切るのが難しいのですぐに伸びてしまう
  • 広い範囲を処理する場合は時間がかかる

 

 

カミソリと違ってハサミの刃は肌に直接当たらないため、ダメージが少ないのが良いところです
しかし、肌にハサミを押し付け過ぎると、皮膚が切れて出血してしまう可能性も高いため、十分注意しながら行わなければいけません。

顔の中でも鼻の下や眉毛の下、眉間など狭い部分の産毛をカットする時には、小さいハサミを使うと便利です。
ただし、頬やおでこなど顔の広い範囲の産毛を処理する場合には、ハサミだと時間がかかり過ぎるため、あまり向いていません。

 

次にカミソリで剃る場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

顔の産毛をカミソリで剃るメリット・デメリット

顔の産毛をカミソリで剃るメリット

  • 根元からしっかり剃れるので、自己処理の回数を減らせる
  • 顔の産毛を素早く処理することができる

 

顔の産毛をカミソリで剃るデメリット

  • 肌の表面を傷つけやすく、肌荒れを起こしやすい
  • シェービングクリームが必要

 

 

カミソリは顔の産毛をしっかり処理したい人におススメですが、肌が弱い方には負担が大きすぎます
そうでなくても、女性の顔の皮膚はとても繊細で傷つきやすいので、できるだけ肌に負担が少ない方法で産毛を処理した方が良いです。

ですから、肌を第一に考えた場合は、顔の産毛をはさみで切る方がダメージを減らせるのでおススメということになります。

 

しかし「顔の産毛をはさみで切るのは時間がかかって面倒」という方も多いと思います。
そんな方には、顔の産毛用のトリマーがおすすめです。

トリマーは電動シェーバーと同じようなもので、2枚の刃が交互に動きながら顔の産毛をカットします。
顔の産毛用のトリマーなら、肌に直接刃が当たりにくいため、カミソリよりもダメージを減らすことができますよ!

産毛をハサミで切ると濃くなる?

顔の産毛を処理しすぎると濃くなるというのは、半分正解で半分嘘です(笑)
実際には毛は濃くなっていないのですが、以前処理した毛が一気に生えてくるため、濃くなったように感じるんです。

また、産毛を剃ったり切ったりすると、自然に生えている毛よりも断面が太くなるので、産毛が濃くなったように見えてしまうんです。
ただ実際に濃くなっていなくても、濃くなっているように見えるなら、それって濃くなってるのと同じですよね^^;

 

基本的には一度カットしてしまうと、ずっとカットし続けないといけないことになります。
それが嫌という方は…。

産毛が濃くならない処理の方法もある

以下の記事では、

  • 産毛が濃くならない
  • 毛穴も広がらない
  • 黒いポツポツも残らない
  • 黒い・青い色素沈着も起こらない

産毛の処理方法をご紹介しています。

是非、読んでみてくださいね!

顔の産毛が太くならない・濃くならない処理方法を見にいく⇒


関連記事 | 1カ月以内に顔の産毛を薄くする方法

一か月以内に

  • 顔の産毛が薄くなる
  • 黒い毛穴もキュッとなって、白いむき卵のようになる
  • くすみ・青みが取れて、透き通るような透明感が出る
  • ファンデのノリが良くなって、スッーとなじむようになる

方法はこちらの記事をお読みください。

スポンサードリンク